猫 Part 2

初めての猫を飼い始めてからしばらくたちます。S君は最初ちょっとシャイで、あちこちに隠れてばかりいました。そのうちやっと慣れてくれて、家の中を走り回ったりするようになりました。まだ、生後六か月ちょっと。すごくかわいい。動物愛護協会で最低限のしつけはしてあったので、トイレ等あまり心配していませんでした。ところがある日、ふと、なんだか鼻に突く匂いがしたのでず。よくよく調べてみると、S君、家中にアクシデントだらけ。外に行かせてもらえなかったからかしら。田舎とはいえ、彼は外出禁止。家はわりと大きな道路のそばにあったから。それに、しつけされたと言っても、彼はもともと野良猫だったし。仕方ないのかな。これは、ご飯を食べるのにも影響している。彼にはえさを少しずつ食べるというコンセプトがない。だから、沢山あげればあげただけ、その場で食べ干す。量なんて関係なし。なんだかちょっと可哀想な気がする。生まれてすぐ、きっと、食べる事に苦労して、食べ物があればなんでも全部食べていたのだろう。次の食事がいつになるかわからないから。この習慣は今も続いている。もう、一生治らない。トイレの癖も良くなっているとはいえ、完治した訳ではない。ま、随分長いこと一緒にいるので、諦めてるけど。でも、誰か、何か良い案ないですか。

この記事へのコメント