英語と日本語

よく、日本語と英語、どっちで夢をみるの?と聞かれます。答えは。。。両方です。私の場合、登場人物や、場所、内容などにより、英語だったり、日本語だったりします。でも大半は、どちらだったかわからいのです。まだ私の英語が拙かった頃は、日本語と英語の境がはっきりしていたので、目が覚めてからその夢を思い出せば、何語だったかすぐわかりました。しかし、それも私の英語の上達と共に変わっていきました。きっと、こういうことなのです。英語を学び始めた頃は、まず、英文を日本語訳して、意味を理解する。次に、それに対する答えや意見を日本語で考える。そして、それを、英語に訳す。これの繰り返し。でもいつしか、自分でもあまり気づかないうちに、日本語訳する必要がなくなり、返答も英語で考えられるようになる。その時点で、思考は言語の境が無くなる・曖昧になる。では、そうなってから、英語と日本語両方を同時に使う機会があると、どうなるのか。それは、主人と一緒に日本へ帰る時に起こる。私だけの場合、一日・二日で脳は完全に日本語に切り替わる。でも主人は日本語がダメなので、通訳・翻訳をし、彼と英語を話す。そのうち、脳は混乱し、彼に日本語で話かけ、家族に英語で話しかける始末。そして、その労力は膨大で、とても疲れる。それに、アメリカでの仕事や生活の話を家族にするのに、逆に英和を引いたりする。今の私の生活では、日本語を使う機会はほとんどないので、その生活ぶりを表す日本語がわからなかったり、出てこなかったりする。このブログもある意味、日本語を、特に漢字を忘れないために、表現力を失わないためにやっている。いつも読んで頂いて感謝してます。これからもよろしくお願いします!

この記事へのコメント